ホームページ変換&追加UP

私の旅の記録として帰ってからポチポチと書いています。
お友達の皆さんが楽しみにしているのに申し訳ないなぁと思っています。

右側のcategoriesから入ると、ツアーの最初から出ます。
他は、全て日付の新しい順序になっています。
コメントも付けられるようにしましたが、こちらのレスポンスは遅いですよ。
(このページの内容に無関係と思われるコメントは勝手に削除いたします。)

写真上にカーソルを持っていくとポップアップコメントが出ます。(出ないのもあります)

1998年 オーロラ

1999年 アザラシ、オーロラ、南アフリカ
2000年 アザラシ(スケジュールのみ)、オーロラ(スケジュールのみ)
2001年 アザラシ、ケニア、チャーチルしろくま、オーロラ(スケジュールのみ)
2002年 ボルネオ
2003年 チャーチルしろくま
2004年 チャーチルしろくま
2005年 チャーチルしろくま、カナダ&アラスカツアー
2006年 成都「パンダ幼稚園」(四川大地震で閉園)、チャーチルしろくま、ニューファンドランド(カナダ)
2007年 アザラシ、カナダ&アラスカ
2008年 カナダ トフィーノ、グレーシャー国立公園
2009年 南オーストラリア
2010年 アメリカ ワイオミング、ニュージーランド
2011年 アラスカ デナリ国立公園
2012年 アラスカ コディアック島
2013年 ニュージーランド南島、アラスカ・コディアック島&フェアバンクス
2014年 アメリカ イエローストーン国立公園&グランドティトン国立公園
2014年 ニュージーランド南島、ペンギンの楽園
2015年 オーストラリア タスマニア島
2015年 アラスカ コディアック島 コディアックベアー探検
2016年 ニュージーランド南島、ペンギンの楽園 2nd. 
2017年 カナダ・スピリットベア(白いクロクマ)10日間 クマについての追加記述を考慮中

名古屋に着いた

2017/09/24 (日)   【10日目】機中泊、今回は着いたら、国内線の移動もなく名古屋に到着。


14:00 Hot Pie とチョコチップクッキーの機内サービスを頂く。
15:15 無事にセントレア到着。

念願のスピリットベアが見られて大満足!素敵な旅が出来ました。


帰るよ

ここで彼女とお別れ。それぞれの便にて日本に。
国際線にてVancouverから空路、Nagoyaへ

 

2017/09/23 (土)   【9日目】 最終日、ゆっくり朝食を食べて空港へ


7:00 朝食。旅行で食事が付いているとついつい食べ過ぎてしまう。でも貧乏性?あるもの全て食べたくなっちゃう。
今日も窓側の席。食事をしながら外を見ていると、桟橋の横を何かが移動している。
ちょっと遠いので良くわからない。写真を撮ってみると何か動物。もしかしてビーバー?
私の方が出発が早いので、先に食事を済ませ部屋に。
後から聞いたところによると、桟橋の下にビーバーの巣があるらしい。そこに枝とかを運んでいたのでは?と。


9:15 ここで彼女とお別れ、部屋を出てチェックアウトし、Canada Line で空港に向かう。


15分程で到着。エアカナダのチェックインカウンターには長蛇の列が出来ている。やっと自分の番が来て、チェックイン機で済ませ、荷物を預けるのに再度並ぶ。荷物タグのチェックを受け、荷物カウンターでスーツケースを預けると、見事に23Kg 完璧。近くでは、重量オーバーした人がスーツケースと格闘してます。
保安検査を受け、出国手続き完了。お土産チェックをして。

10:40 これからラウンジで1時間程過ごす。
11:50 お土産を買ってゲートに向かう。

12:15 搭乗開始。機内に入り席に付く、隣は居ない(ラッキー)。

12:45 定刻になっても出発の気配がない。CAの方がお水を配り始めた。う〜ん、しばらく出ないぞ!

13:30 最終チェックに時間が掛かっているのであと10分くらいと、しかし、しばらく経ってメンテナンスに15分程必要と。結局、14:20 やっとゲートを離れ滑走路に向かう。

14:30 テイクオフ、機体にトラブルがあって何かあっても困るので、1時間半の遅れは仕方がない。


テイクオフ40分後、機内サービス。ビーフorチキン
6時間後(22:50)、スナックサービス。


ウエストコーストでホエールウォッチング

美しいウェストコーストの漁村、スティーブストンを起点に、サンフアンの島々を巡るホエールウォッチング

 

2017/09/22 (金)    【8日目】  Vancouver Whale Watch ツアーに参加。

 

7:00 起床。
7:30 昨晩食事をした場所で朝食。朝食付きで食事はビュッフェ。卵料理はその場でリクエストを聞いてくれ作ってくれる。
外からカモメにジッとみられながらのんびりと頂く。今日の朝食が一番のんびりかも・・・。
食後、外に出てホテルの周りを少し散歩をしながら部屋に戻る。お天気も良くウォッチングには最高の天気。


部屋に戻りメールをチェックすると、ピックアップ時間のメールが届いていた。
9:55-10:10  R08  River Rock Hotel  Outside the grand lobby, main entrance にてピックアップ

9:45 部屋を出てエントランスで待機。

10:00 シャトルバス到着。バスに乗り込み、誓約書の記入。15分程で Steveston の Office に到着。
受付を済せ、ムスタングスーツを着用し準備OK。


11:00 Whale Watch 全員揃ったところで、港に移動しゾディアックに乗り込む。今日はゾディアック2艇、大きな船が1艇出航。
Captain: Rich  / Guide: Joan      
港からゆっくりと進む。途中、アザラシやアメリカシーライオンが横たわっている。
あれ、いつもとゾディアックの動きが違う。いつもはジョージア海峡向けて進むのですが、港の防波堤を過ぎたところで空港の方に北上。5分もしないで Orca 発見。近っ!Sea Island 沖、こんなに近い場所で見られるなんて!1週間前は1時間以上移動しないと見られなかったのに、今回は15分くらい・・・さらにファミリーが沢山いて、子供達も動きが活発で見てて楽しい。


あちらこちらに群れで泳いでいる。広い範囲に沢山いるので、ウォッチング船も密集しない。
少し落ち着いたところで、ガイド のJoanさんが水中マイクを入れ海の中の音を聞かせてくれた。
Orca 達はゾディアックの直ぐ横を一緒に泳いでくれたり、突然直ぐ横の海面から現れたりと、私達を楽しませてくれた。
1時間強ウォッチングをした後、空港近くの材木置き場で横たわるアザラシを見学。海に浮かぶ丸太の上で気持ち良さそうに日向ぼっこしてます。
約3時間、14:00 帰港。14:30 Shuttle 出発。ランチBox をお願いしたが、結局食べられず持ち帰り。


15:00 30分程でホテルに到着。部屋で昼食&休憩。
15:45 Granville Island へちょっとお買い物。Canada Line で Olympic Village まで行き、バスに。乗り換え到着。ここには新鮮な食材のマーケットがある。
色とりどりのフルーツや野菜が綺麗にディスプレイされている。


18:30 マーケットを満喫したので、バスとCanada Line でホテルに戻る。
19:00 週末なのでレストランが混みそう、そのまま食事に向かう。
昨日と同じレストランだが、今日のメインはカニ。お値段も昨日よりちょっとお高めだが、とても賑わって受付に行列が出来ている。
結局30分くらい待ってやっと席につけた。先ずはカニでしょ!お皿にカニを盛って、でも飽きるといけないので他の物も添えて。
他のテーブルでは皆、カニ・カニ・カニって感じで、山の様にお皿に盛って、別の皿にはカニの殻が山になっている。
嫌いでは無いが、そこまで沢山食べれず、他の料理を少しずつ頂きながら、最後にデザートを頂き完了。
彼女はカニが大好きらしく、またお皿に盛ってきた。私はちょっと疲れが出て眠くなって目がショボショボ。


20:45 先に部屋へ戻り、シャワーと荷造り。1時間程して彼女が戻って来た。あれからさらにカニを食べたと・・・凄い!
カニ3杯位食べた?
00:30 やっと、荷造りも終わり、おやすみ


ベア・ビューイング & アクティビティ

最終日はいくつかのプランから選択、午後 Bella Bella に移動。
スピリットベアロッジでのベア・ビューイング & アクティビティを楽しみます。
Area【Canyon CL/Balla Bella】 Boat:Eagle / Captain:Charlie / Guide:Brady / Assistant Guide:Troy

 

2017/09/21 (木)  【7日目】 
スピリットベアロッジツアー(5日目/最終日) 今日も晴れ。
6:00 起床、最終荷物のまとめ
7:00 朝食、お昼のサンドイッチとジュースを持って出発の準備。最後に荷物をまとめてスーツケースは部屋の外に置く。


今日の出発は30分遅く、8:30 出発。

島々を縫うようにボートは進む。途中「Mrine Park」看板がある。
さらに進み【Canyon Creek】に到着。ボートからゾディアックに乗換え上陸。

 


海岸から一旦、森の中に入りそこから川岸に出る。獣道で倒木があり足場は悪い。
オージーのオバさまは足が悪いらしく杖を突いている。それでもパワフルに頑張って進む。
河原に出るとここにも大きな倒木があり、そこに腰掛てクマが来るのを待つ。
停泊中の Charlieさんから無線が入り、「ブラックベアがそちらに向かっている」と。


しばらく待っていると、海側の対岸の森から姿を現した。でも、警戒してか河原を数十メートル歩いただけで姿を消してしまった。
その後はピタッと何も現れない。川には大量のカラフトマスが遡上している。よーく見ると産卵を行なっているシャケもいる。
皆、クマがいないので仕方なく?シャケを撮っている。私がビデオで撮っていたら、オーストラリアから来ているJhonさんが
ショートムービーを送ってと。オーストラリアではサケが珍しいのかな?


ガイドの Bradyさんが上流にグリズリーがシャケを捕っていると。ただ、上流に向かって30m先に大きな岩があり、私達のいる岸からは見づらい。長靴を履いている私達は結構「怖いものなし」で川の中をジャブジャブ入り見える場所まで移動。
確かにクマは居る。しかしとんでもなく遠い。川の中で水しぶきが上がるのは見える。カメラを向けるが、レンズで覗くとクマのサイズはフォーカスの■くらい。

もうすぐお昼、サンドイッチを頬張る。いつもは、この一口を食べようとするとクマが現れる・・・が、今日は何も現れない。
結局、ここに2時間程居たが、1頭のブラックベアととっても遠くのグリズリー、カラフトマス・・・でした。
川沿いに移動し、何故か河口にゾディアックが係留してある。
私達はそこから左に50mくらい先で上陸したが、いつの間にかゾディアックがここに移動したのか???
ゾディアックからボートに移動し、Bella Bella に向かう。

午後 Klemtu Water TaxiでBella Bellaまで移動    →   ドックからTaxiで Bella Bella空港に移動。

私達はボートの中に居たが、お天気も良く風が気持ち良いので船のデッキで過ごしている人も。
30分程進んだ時、ガイドのTroy君が何かを発見! Orca だ!前方でブローと長い尾びれを確認。ペアでゆったりと泳いでいる。
一瞬、見失ったが、暫くするとまた姿を現してくれた。さっきより近づいている。ボートと同じ方向に Orca も移動している。
暫く一緒に進み、開けた場所で彼らは私達から離れてしまった。


でも・・・最後の最後にこのグレートベア・レインフォレストで Orca に出会えて良かった。
Bella Bella のドックに到着。5分もしないでもう1艇のボートも到着。この日は13名がツアー終了となる。


大きなワゴン車2台にガイドさん2名と分乗し空港に向かう。到着後、チェックインだが要らないものをスーツケースに入れ重さを量ると、ピッタリ23Kg、セーフ!無事チェックイン終了。
しかし・・・問題が発生!荷物の重量がオーバーで1人搭乗出来ないと。カナダ人の女性が自ら名乗り出てくれて他の人は無事に乗れることになった。彼女に感謝!座席はちゃんとある。荷物の重量だけ?でも、体重まで測っていないので、何とかなるのでは?と思っちゃいけないのでしょうか?

Bella Bella 15:55  (8P822)  →   Vancouver 17:10 パシフィック・コースタル航空にてバンクーバーへ。

16:00 テイクオフ、西海岸線をバンクーバーに向けフライト。途中、大きな氷河がいくつか見られた。
この氷河も年々、後退しているという。


帰りのフライトは順調、氷河が見えなくなったと思ったら、バンクーバー郊外の街並みが見えてきた。17:05 バンクーバー到着。
荷物を受け取り、外に出ると、丁度メインターミナル行きのシャトルバスがいた。空港内を移動と思っていたが、一旦空港の敷地から外に出て、一般道を走りメインターミナルに行く。
10分〜15分くらい。国際線で下車し、Canada Line で今日の宿泊場所 River Rock Casino Resort (Richmond )に移動。
3駅程なので直ぐに到着。18:00 ホテルにチェックイン・・・のはずが、私達の予約はキャンセルされていると。
16日に彼女だけ宿泊したのだが、最初の予約時に私の前泊の仮予約をしてた為、それをキャンセル。

9/21〜23日の予約は無いと言われた。
調べるのに時間が掛かるとのことなので、私達はホテル内のレストランで食事をする。

カジノタワーでビュッフェスタイルのレストランに入る。


今日はタイ料理と中華料理。日替わりでメイン料理が変わる。のんびりと食事をしフロントに戻る。
フロントには先程対応してくれた方がいて、ホテル側で調べてくださり、日本の旅行社からカナダの現地代理店に依頼しているが、そこから9/21〜23日の予約のキャンセルがあったらしい。旅行会社にホテルの支払も済んでし、理由も判ったので後はカナダの現地代理店とホテル側で処理して下さると。

部屋はスイートのお部屋を用意してくれた。私達にはお部屋の差額分の請求は無いから安心して良いよと。最初はどうなるかと心配でしたが、結果、ベッドルーム2つのスィートでラッキー!


21:30 やっとお部屋に入ぐったり。でもお部屋は広くひとりひと部屋は超快適。
そう言えば、明日のオルカウォッチングのピックアップ時間をフロントにメッセージ残してと出発前に依頼したが、私達の予約が入っていなかったので、当然メッセージはない。
明日何時?どうしよう?ちょっと心配だか、とりあえず明日の朝に返事を貰える様にメールを打つ。
すんなりチェックイン出来なかったので、とっても長い一日だった気がする。
シャワーを浴び、23半時過ぎ、おやすみ。




categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode