ホームページ変換&追加UP

私の旅の記録として帰ってからポチポチと書いています。
お友達の皆さんが楽しみにしているのに申し訳ないなぁと思っています。

右側のcategoriesから入ると、ツアーの最初から出ます。
他は、全て日付の新しい順序になっています。
コメントも付けられるようにしましたが、こちらのレスポンスは遅いですよ。
(このページの内容に無関係と思われるコメントは勝手に削除いたします。)

写真上にカーソルを持っていくとポップアップコメントが出ます。(最近のは出ません)

2016年からは出るように頑張ります。

1998年 オーロラ

1999年 アザラシ、オーロラ、南アフリカ
2000年 アザラシ(スケジュールのみ)、オーロラ(スケジュールのみ)
2001年 アザラシ、ケニア、チャーチルしろくま、オーロラ(スケジュールのみ)
2002年 ボルネオ
2003年 チャーチルしろくま
2004年 チャーチルしろくま
2005年 チャーチルしろくま、カナダ&アラスカツアー
2006年 成都「パンダ幼稚園」(四川大地震で閉園)、チャーチルしろくま、ニューファンドランド(カナダ)
2007年 アザラシ、カナダ&アラスカ
2008年 カナダ トフィーノ、グレーシャー国立公園
2009年 南オーストラリア
2010年 アメリカ ワイオミング、ニュージーランド
2011年 アラスカ デナリ国立公園
2012年 アラスカ コディアック島
2013年 ニュージーランド南島、アラスカ・コディアック島&フェアバンクス
2014年 アメリカ イエローストーン国立公園&グランドティトン国立公園
2014年 ニュージーランド南島、ペンギンの楽園
2015年 オーストラリア タスマニア島
2015年 アラスカ コディアック島 コディアックベアー探検
2016年 ニュージーランド南島、ペンギンの楽園 2nd.  執筆中

Lake Matheson 経由 Lake Moeraki

Tom tit(ナイキバード)

今日は、前回雨で歩くことが出来なかった Lake Matheson を散策する予定…だが、やっぱり雨。
早々に、Lake Moeraki に向け移動。 ここで、Junkoさん夫妻と合流。

 

2016/11/16 (水)  6日目     天気 雨のち曇り

7:00起床。
昨日と今日、朝がゆっくり。外は雨・・・結構な土砂降り。
のんびり朝食を食べ支度をするが雨脚が強くなかなか部屋から出られず、出発出来ない。

朝食Bella Vista Motel Fox Glacier Holiday Park
車に行くだけで濡れてしまう。それでも時々弱くなる時を見計らってスーツケースと荷物を積み込む。
雨は止む気配はない の駐車場の車の中で Lodge で入れたコーヒーを頂く。その後、ショップでお買い物。
この雨では動きようがない。取り合えず Fox Glacier が見える駐車場まで行って見るが雨で、ここから氷河までのトレッキングは出来ない。もうひとつの駐車場にも寄ってみる。ここは少し歩いて橋の上から氷河を見る為の駐車場。
結局、どこも歩かなければ氷河は見られず、この天気では全く無理。

Lake MathesonLake Matheson MAP標識平面おじさんの情報平面おじさんの情報Glacier Piew Road 駐車場諦めて移動
11:00 ここでの散策は諦め、今日の宿のある Lake Moeraki に向け移動。

荒海水面
12:30 到着 Lodge の入り口まで行ってみるがゲートが閉まっている。
Monrou Beach への駐車場に移動し、ここで昼食のサンドイッチを頂く。

Nonro Beach Walk 駐車場昼ごはんこれはTuiじゃないこれはTuiこれは、Tuiじゃないロッジへの裏口
食後、Tui(白い蝶ネクタイ)とか野鳥を撮影。

13時過ぎ 裏口から歩いて Lodge に行って見る。
フロントにはJerryさんが居て私達を迎えてくれた。「車は?」と、Monrou Beach の駐車場に車を置いて来たと伝えると車をこちらに移動してからチェックインしなさいと。
13:10 コーヒーとクッキーを頂きその後お部屋に移動。

Welcom!お部屋シャワーブース色んな所にペンギンがここにもペンギン

15:00 雨の心配もなさそうなので荷物を置いて近くを散策。 
前回の時に散策した Giant Rim の森へ行こうとしたが前日の雨で川に渡した簡易の橋が無く渡ることが出来ない。
諦めて Monrou Beach へ。

Monro Walkへ森の樹森の樹昨日の橋森の恐竜?シダ類シダ類シダ類タンニンで赤い美しい雫

1日前に下見をしてたので森の中で写真を撮りながら海岸に向かう。
海岸に出ると数人が散策している。暫く待ってみるが近くに Penguin が現れる気配はない。
目を凝らして遠くを見ていると、海岸右側奥の岩場(距離にして100m位先)に何か黒い動くものが・・・。
写真を撮って確認すると「Fjordland Penguin」だ!でもとって遠い。海岸で石拾いをしているMariさんに小声で声を掛けるが荒波が押し寄せる音で聞こえない様。

ペンギンに接近注意荒れた海第一ペンギン発見荒れた海からやっとの思いで良かったね登ったぞ私たちももう少し上陸
近くまで行き「遠いけどPenguinが居るよ!」って。浅い川を渡りほんの少しだけ近づいてみる。
荒波に揉まれながらなかなか上がれない Penguin達。
少しずつ少しずつ距離を縮めながら撮影していると、一組の男女が私達に近づいてきた。私達が撮影しているのを見て彼らも気がついた様。遠いけど岩場の上に Penguin が立っているのが見える。
海にも荒波に揉まれながら上陸の機会を待っている2羽がいる。私達の近くに大きな岩がありその岩壁にはこれより先は立ち入り禁止の看板がある。これ以上 Penguin に近づかないように・・・。さらにもう一組の男女が合流。
時折、大きな波が海岸に打ちつけ波打ち際に居た男性は膝までびしょ濡れ。でもなんだかとても楽しそう。
波が押し寄せる度、急いで逃げながら・・・でも Penguin が見たいので波の様子を見ながら行ったり来たり。
そんな事をしながら Penguin達上陸を観察。
この Monrou Beach には10組のペアが生息していると言う。結局私達は5組+1羽を見ることが出来た。

17:10 Junkoさん達も到着する頃、そろそろ Lodge に戻ろう。

昨日の橋を渡って昨日の橋を渡ってTom tit(ナイキバード)Tom tit(ナイキバード)
森を歩き45分掛かって Lodge に戻ると、Tui を撮影している Junkoさんと遭遇。2年ぶりの再会。
真っ先に「今回の地震大丈夫?」と様子を聞くと、カイコウラに入りその深夜に地震に遭い被災してたと。「大阪で阪神大震災を経験した時より凄かった!」と。とてつもなく大変な経験をされたが無事で良かった。Junkoさんは英語が出来るので素早く色々な対応が出来、早い段階で軍のヘリで脱出出来たという。言葉のわからない私達がもし遭遇したら、無事に脱出出来たかどうか・・・。
その時のnetのニュースに「最初に軍のへりで脱出した日本人の男女」と。日本ではNHKのニュースで放送された様です。
19:30 立ち話もほどほどに、一旦お部屋に戻り荷物を置いてからダイニングに移動。JunkoさんTetsuさんと一緒に夕食。
私達の今回の旅行で一番リッチお食事。

たぶんJunkoさんたちのWelcom Fruits雑穀のスープ?Mariさんの前菜ラム肉のステーキデザート
ここは本当に料理が美味しい。前菜・メイン・デザートそれぞれ2種類からの選択。
今日のメニューは、前菜に雑穀のスープ・ラム肉のステーキ・ケーキとアイスクリームの盛り合わせ。
明日の行動予定を打ち合わせ、本当なら Lodge で昼食をと言われたが、行ったり来たりするのが面倒なのと、Penguin達との時間を長く取りたいということで、ピクニックランチを持って一日ビーチで過ごすことになった。
21:45 食後から土蛍観察。Jerryさんがガイドしてくれ私達の他に6人参加。Lodge からメイン道路の脇を歩いて湖の脇に出る。
この木にフクロウが居るかも・・・とJerryさんがライトを当てて探してくれるがどーも居なさそう・・・。
ザリガニ道路脇の沢でウナギを探すが・・・居ない。代りにザリガニの小さいのが居た。こんな感じ。
次は土蛍観察。道路脇の土手を目を凝らしてみると小さな光が点滅している。目の錯覚かと思ったが確かに光っている。
序々に目が慣れ良く見える様になって来た。でもこんな場所に土蛍?これって普通の蛍では・・・?
Jerryさんが真相を明らかにしてくれた。土手の少しくびれた場所に入り、ライトを当てて土蛍を見せてくれた。
土手の苔にヒカリキノコバエの幼虫が糸を引いたように垂れ下がり光を放ってます。木々の中で青く光りとても神秘的で美しい。無数の小さな光が点滅しクリスマスイルミネーションの様。土蛍を堪能しツアーは終了。
部屋に戻ると既に23:00近い。交代でシャワーを浴びる。

0:00 就寝。

 

【本日の走行距離 100km/(14,231km)】
宿泊: Lake Moeraki Wildernesslodge (Lake Moeraki )


Fox Glacier / Franz Josef Glacier

Fox Glacier

今日は Fox Glacier / Franz Josef Glacierah 地区へ移動。
途中、Lake Moeraki に寄って散策。

 

2016/11/15 (火)  5日目     天気    雨時々曇り

朝食 7:00 起床。今日はちょっとのんびり。
8:10 朝食はトーストとゆで卵、サラダとヨーグルト。

 

Haast River Top 10 Holiday Park愛車LAV4

9:25 昨晩、警告灯が付いた車にガソリンを入れ、車もお腹いっぱいになったので出発。
しかし、スタンドから出る時、反対方向に走ってしまった。ここはJCになっているのでガソリンスタンドに寄るとちょっと道が複雑。10km 近く走って海が右側にある・・・これは変と気づきUターン。早く気づいて良かった。
Haast を出発し、Franz Josef Glacierへ。
2014年、豪雨で中止となった「Franz Josef Ice Explorer Tour」に参加する予定だったが・・・今回も雨予報。
事前に11/18のお昼に予約を変更したので今日は特に何も予定はない。

Monro Beach WalkMonro Beach WalkMonro Beach Walkここから吊り橋Monro Beach Walk の植物Monro Beach Walk の植物
10:00 Lake Moeraki に到着。曇り空、雨も大丈夫そうなので Monrou Beach まで、往復1時間半を歩いてみる。Giant Rim ・シダや熱帯雨林系の植物が生い茂る森を歩く。昨日の雨で所々に水溜りが出来、木々からはしずくが落ちてくる。30分位歩くと海の音・潮の香りがしてきた。もう少し歩くと視界が開け荒波のタスマン海が見えてきた。

Monro Beach WalkMonro Beach WalkMonro Beach WalkMonro Beach Walk の植物Monro Beach Walk の植物Fiordland Penguin 繁殖地タスマン海の荒海Monro Beach Walkの植物
海岸には4〜5人が散策や Penguin を待っている。私達も Penguin を待ち1時間程居たがお昼近いので、ちょっと時間帯ではなさそう。Penguinは見られないと判断し来た道を戻る。

吊り橋定員は5人シダ小鳥(Tom tit ?)幻想的な植物幻想的な植物幻想的な植物幻想的な植物幻想的な植物幻想的な植物幻想的な植物幻想的な植物幻想的な植物幻想的な植物幻想的な植物
12:15 車に戻り Franz Josef 方面に車を走らす。1時間半程で Fox Glacier に到着。
ここはそのまま通過し、取り合えず Franz Josef Glacier が見える駐車場まで行って見る。

気象情報と注意書き?(ちなみにこのおじさん平面)Franz Josef Glacier Wark
14:00 雨は止み「1時間毎の天気予報」では雨は降らない予想だったので、少し歩いてみる事に。
前回は大雨だったので、この駐車場でさっさと退散した。
雨具を持って歩き出す。片道45分程、途中、氷河から流れる滝を見、川を渡り、さらに進むとかろうじて先端が見える場所に到着。
でもここから先は進めない。ここで写真を撮って、立ったまま昼食のサンドイッチを頬張る。

コース地図滝滝氷穴ここから先は禁止平面おじさんが「ここまで!」望遠で氷河を撮ってみた案内看板

暫くすると雨がポツポツと落ちてきた。直ぐにレインウェアを着て岐路を急ぐ。段々と雨脚は強くなり止む気配は無い。
結局、帰り道はずーと雨に降られて靴もグチャグチャ。
16:00 Franz Josef Ice Explorer Tour デスクに行って見る。予約の再確認とレンタルの装備の確認。
最近の傾向でどこの観光地も中国人が多く、中国語では色々な案内は用意されているが日本語はない。
ここ数年、中国人とは会うが日本人とはほとんど会わない。
身振り手振りで伝え、貸して貰うジャケット・ポーチ・靴等を確認する。
まだ早いのでお店に寄ってお土産チェック。いつもの事ながら私の心を惹くグッズがいくつかある。
今回はチェックで18日に来た時にどうするか決めるという事で今日のお宿がある Fox Glacier に戻る。
17:20 Lodgeに到着。外は相変わらず土砂降り状態。雨の様子を見ながら荷物を下し、濡れた衣類や靴を乾かす。
今日は簡単な夕食。カップ麺に手持ち野菜を入れてちょっとアレンジ。サラダとフルーツ。
久し振りにのんびりした夜を過ごした。

サラダとフルーツキウイジュースとマフィンBella Vista Motel Fox Glacier Holiday Park

今日のメーター

【本日の走行距離 203km/(14,131km)】

宿泊: Bella Vista Motel Fox Glacier Holiday Park(Fox Glacier)


Curio から Haast へ長距離移動

Slope Point

今日は、朝、Curio Bay で Yellow-eyed Penguin を観察。
その後、西海岸の Haast へ移動。 長時間ドライブになりそう・・・。

 

2016/11/14 (月)  4日目     天気    晴れのち雨

5:15 昨日よりちょっと早く起き、素早く準備をし Curio Bay に向かう。
駐車場に着くと1台の車が停まっている。今日は私達の他にも仲間がいる。
海岸で待つこと5分・・・薄暗い岩場に Penguin らしき姿が見えた。

朝焼けのCurio Bay寝起きのPenguin取り敢えず一声夜明けのPenguin鳥鳥仲間を待つPenguin仲間を呼ぶ?Penguin
暫くすると空が茜色に染まってきた。そろそろ日が昇る。ちょっと雲が多く丸い太陽とはならなかったがとても綺麗。
Penguin は居るが・・・でも遠い。Bush から、出たり入ったりしている子もいる。歩きかけ立ち止まり仲間を待っているよう。何羽か揃ったら一緒に海に向かう。遠くでずーとモジモジしている子がいる。
そっと岩に隠れながら少しずつ近づいてみる。「達磨さんが転んだ…」をやっている感じで、少しずつ少しずつ。
30mt位まで来た所で、男性が背後から近づいて来た。彼も Penguin を求めてここまで来た様。
崖の上には彼の友人が覗いているがそこからは Penguin 存在は見えない。「悔しい・・って感じ」で猛ダッシュで彼も海岸に回り込み私達のいる場所まで来た。Penguin は一向に動く気配なく、私達もそろそろと・・・Lodge ‎に戻ることに。
部屋に戻り、タブレットを開くと友人からメールが届いていた。「地震は大丈夫?」と。日本でもニュースになるくらい結構大きな地震が発生したらしい。そんな事も露知らず、海岸で Penguin を見ていた。

0時過ぎに起きた地震。当初マグニチュード7.5と発表されてたが、その後6.6と下降修正、さらに7.5に上方修正。その後ニュージーランドで地震を調査する機関のGNSがマグニチュード7.8だったと。
今回の震源地カイコウラには、過去にニュージーランドの政府観光局のCMや世界ふしぎ発見、その他のメディアで何度も取り上げられたアシカの生息地があります。そこは海から離れて、子どものアシカたちが遊びながら泳ぎを覚える場所として有名でした。その Ohau Point が今回の地震による土砂崩れで破壊されてしまったそうです。
今回、Junkoさん夫妻もカイコウラに行くと聞いていた。ちょっと心配だか連絡が取れない。この地震に遭遇していなければ良いが…。
とりあえずトースト・目玉焼き・サラダとスープで朝食を頂く。

朝食オフロードを走りますSlope Pointは、こちらここから海岸に出ますあと20分私有地を通って岬に向かう結構歩くここがSlope Point風除けの樹が傾き家を覆ってます
チェックアウトをし、南島の最南端の Slope Point に向かう。Lodge から10分程で到着。     
牧場のゲートを自分で開けて、私有地の中を通り岬に出る。ここにも「South Pole」はあっちと言う道標がある。4803Km行けば南極なんだぁ〜。はるか彼方をみるが…南極は見えない。(あたり前だ!)
この場所はとてつもなく風が強く吹く場所。小屋の風除けに植わっている木々が小屋を覆う様に横たわっている。
小屋が横たわった木々に押しつぶされそうになっている。
11:15 東海岸とはお別れし西海岸の Haast へ向け出発。走り出した頃は晴れていたが段々と雲が増えポツポツと雨が降り始めた。
大きな街をいくつか通り、途中のくだもの直売店に隣接するお店でチョコチップ入りホーキーポーキーアイスを頂く。
バニラアイスにそれぞれのフレーバーを入れかき混ぜて、搾り出すタイプのアイス。久しぶりに食べたアイスは美味しい。
雨の降る Wanaka でちょっと休憩しまた車を走らす。前回は前日降った雪を被った山々がとても綺麗に見えたが今回はシトシト雨で一面灰色の世界。なにも見えない。

今日の昼食Hopey Pokeyのメニュー 値段は無いHokey Pokeyのお姉さんこれが、完成品
Wanaka でガソリンを入れるのを忘れ、途中のドライブイン兼GSに寄ってみたが既に時間が遅く閉まっていた。
何とか Haast までは辿り着けそうだがちょっと心配。車の燃費メーターと残量を見ながらECO運転。NZ は大きな街を外れると家はほとんど無くなり山や草原、羊や牛達しかいない。
当然お店も無くなる。このルートでは、西海岸の JC の Haast しかない。早め早めの給油が大事とつくづく感じた。
20:10 Haast 到着。スタンドは「24H OPEN」となっていてトライしてみるが、カードでの給油方法が良くわからない。
諦め明日の朝給油する事にし、今日の宿にチェックイン。ホテル予約サイトで予約時に何度かキャンセルし、また予約しをしたのでチェックインの時、フロントのおじさんに「予約はキャンセルになっている」と。
確かに18日の最終日は最終的にキャンセルを入れたが、今日はキャンセルしてない。
おじさんがPCを見るようにと言われ、見るとちゃんと予約は入っている。何度も予約の変更をした事に対して文句を言いたかったのかな?「You Lucky!」と言われ、「一応、部屋はある」とのちょっとした嫌味も聞き流す。鍵を貰い部屋に行くと私達が予約した簡易キッチン付きの部屋。本当はちゃんと取ってて一言、文句を言いたかったんでしょって!そんな風に取れました。
取り合えず、泊まれて良かったわ。

Haast River Top 10 Holiday夕食
21:00 今日は簡単に夕食。スーパーのデリで買ったお惣菜と春雨スープ・サラダとフルーツ。
長距離運転でちょっと疲れが出て、23:30 ベッドに倒れこんで眠る

 

本日のメーター

【本日の走行距離 501km/(13,928km)】
宿泊: Haast River Top 10 Holiday Park (Haast)                


Curio Bay で Yellow-eyed Penguin 観察

Yellow-eyed Penguin

今日は1日この Curio Bay 近郊を散策、夕方 Penguin 観察。
ここは Yellow-eyed Penguin が間近で見られる場所。
Penguin は朝・夕なので、昼間は近郊をちょっとドライブかな?

 

2016/11/13 (日)  3日目     晴れ一時雨

5:30起床

Curio Bayの朝日Curio Bay Warkway案内Curio Bay 入口Crio Bay注意書き英語読めなくても!注意更に注意書き化石の注意書き樹の化石樹の化石

6:00前 Lodge から直ぐ近くの Curio Bay に行くと丁度、海へ出掛けるYellow-eyed Penguin を発見。
Beach に降りると別の1羽のペンギンがたたずんでいる。動きがないので遠巻きに海の方に移動しもう少し近づいてみる。
モジモジしながらなかなか動かない。暫くすると少しずつ海の方に移動しだした。

朝のペンギン朝のペンギン朝のペンギンNZらしい風景何の鳥?丘の上に羊の親子
何とかカメラに収めることは出来たが、写真が撮れたのはこの1羽だけ。でも見られて良かった!
7:00 一旦、Lodge に戻り朝食。今日のメニューはトースト・目玉焼き・サラダ・ヨーグルト。
食後、お庭を通って Beach へ。犬のお散歩・海岸をジョギングする人を見ながら、しばらく Beach を散策。

ロッジの朝食ロッジのお花Lazy Dolphin Lodgeかわいい看板Beachのお花Lazy Dolphin Lodge & beach road access何の鳥?ロッジ前の海ジョガービーチでのんびり貝殻
9:50 Lodge を出発、Invacage 近くのほぼ南端の Stirling pointまで走ってみる。実は南島の最南端はここではなく Lodge に近い場所。しかし、最南端の大きな町はここ Invacage 。
Stirling point には各都市までの方向と距離を示したの道標がある。

Stirling Point 道標 TOKYOもある 鎖のモニュメント 対岸(Stewart Island?) 灯台? Stirling Point 案内
そして海の向こうには Stewart Island が見える。いつか行きたい島だがなんせ情報があまりない。
大きな鎖もモニュメントがあり、同じものが Stewart Island にもある。この場所と Stewart Island を鎖で繋いでいるということらしい。
14:00 Invercargillの街で「世界で最も南にあるスターバックス(The World's Most Southern Starbucks)」に寄ってみる。ここの店内にも道標がある。せっかくなので Coffee 飲んでちょっと一休み。

世界最南端のスタバ世界最南端のスタバ世界最南端のスタバInvercargillの街Invercargillの街サンドイッチで昼食
14:30 近くのスーパー「Pacun  Save」で買い物をしてから、 夕方のペンギン観察の為 Lodge に戻る。
そう言えば・・・お昼を食べていない事に気付き、道端で車を停めて羊達を見ながらサンドイッチを頂く。
16:10 途中、睡魔に襲われながらも何とか Lodge に到着。
16:30 部屋に荷物を置いて Curio Bay に向かう。
この時間、Penguin 観察には早いのか Beach にはまだ人はまばら。Penguin の気配がないので、海藻・貝・樹の化石の写真を撮りながら時間を過ごす。

Curio Bayの夕方Curi Bayの海岸Curio Bayの海藻Curio Bayの貝切り株の化石樹の化石

18:20 Mariさんが小声で「Penguin と・・・・。」
海から上がる白いものが見えたと。場所を移動し Penguin 発見!静かに近づく。とても綺麗な顔立ちの子。
行く手を塞がない様に離れた位置から狙う。一応、10mt は距離を置くよう看板がある。
たくさんの人が海岸で Penguin を待ってたので Penguin も警戒しながら移動、結局 10分位掛けて Bush の中に消えて行った。姿を消してから鳴き声だけが海岸に響き渡ってた。

Yellow-eyed PenguinYellow-eyed PenguinYellow-eyed PenguinYellow-eyed PenguinYellow-eyed Penguin夕食
この後、20時位まで粘って見たが諦め、少々疲れ気味なので Lodge に戻り夕食の準備。
今日のメニューは、昨日の残りの生ソーセージと卵チャーハン・玉ねぎとジャガイモの炒め物。

夕食後、今後の予定を練る。11/15に氷河ツアーの予約を入れているがお天気が怪しい。ここ数日予報を見てきたがずーと雨マークが消えない。
ネットで他の日のツアーの予約状況を確認すると11/18の12時前後に空きがある。2度 Fox に行く事になるが、またいつか・・・の再チャレンジは避けたい。ちょっと予定を変えてこの日なら何とかなりそう。
翻訳ソフトを使って予約変更のメールなどしてたら既に23:30を過ぎている。明日も早いので就寝。
この30分後にNZ地震が発生。私達の居た場所は震源地のカイコウラから500Km程離れていたので、全く地震の事は知らずに眠っていた。

今日のメーター

【本日の走行距離 232km/(13,427km)】
宿泊: Lazy Dolphin Lodge (Curio Bay)




categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode